1. 学術集会会長(以下、「学会長」とする)は、応募演題(抄録)の中から分野別、筆頭著者の年齢および研究歴や役職、過去の受賞状況などを考慮して、原則として6題(分野1,2,3よりそれぞれ2題ずつ)を選考し、候補演題とする。

  2. 理事長は、前項の候補演題の選考が終了した時点で、原則としてこれらの候補演題(抄録)の著者でない理事の中から6名の選考委員を委嘱する。委員は、原則として分野1,2,3よりそれぞれ2名ずつとする。

  3. 選考委員は、学術集会当日、候補演題の全てを聴講し、候補演題について各々評価する。評価の方法は、内規附則に定める。

  4. 学会長は、学術集会当日、全ての候補演題発表の終了後、学術奨励賞選考委員会を招集する。学術奨励賞選考委員会は、評価された点数を基に協議し、3題の学術奨励賞候補を選考する。上記により選考された3題が、評議員会での報告・了承を経て、学術奨励賞受賞演題と決定される。学術奨励賞選考委員会は、6名の選考委員のほか、理事長、学会長により構成され、学会長を学術奨励賞選考委員会委員長とする。

  5. 受賞者は、日本生殖内分泌学会学術集会時に行われる総会で、理事長名で表彰され、賞状と副賞(10万円)を授与される。

申し合わせ事項  選考の事務については、各過程で事務局が補佐する。

内規附則

  1. 学会長が選考する候補演題の筆頭著者は、学会員であることを要し、学術集会開催時に満45歳に達していないこととする。

  2. 学会長が選考する候補演題は、6題を原則とするが、若干の増減を妨げるものではない。しかしながら、やむを得ず6題の選考が困難である場合も、5〜8題の範囲になることとする。

  3. 選考委員による候補演題の評価は、@研究内容の独創性、A発表の態度・方法、B討論を通しての研究者の理解度、の各項目についてそれぞれ1〜5の5段階(最も優れたものが5)の絶対評価により行う。さらに、「@研究内容の独創性」を重要視する観点から評点を3倍し、他の2項目の評価の素点と合計する。したがって、評価点数は5点から25点の間に分布する。

  4. 学術集会当日、選考委員が候補演題全てを困難なく聴講することができるように、また、学術奨励賞選考委員会、評議員会、総会の開催に困難が生じないよう、学会長はプログラムを構成することを要する。